治療院にポップを使うと物販の販売が確実にできる様なる!?

齋藤
あなたは、治療院にポップを活用していますか?治療院にポップは必要ない。そんなふうに思われているかもしれません。しかし、ポップを使い商品を販売する。という事は十分に可能です。私自身もポップを使い物販販売をして一定の売り上げを上げています。今回は私の事例とともにポップ活用の魅力についてお話をさせていただきます。

治療院のポップは手書きですると購入率が大きく変わる?

まず1番最初に私のところで使っているある1部のポップをご紹介します。

こちらのポップですが書くことにより一定数安定的にこの商品が売れています。

私の場合はプロテインを扱っていてそれを患者さんに販売をしています。

ポップの役割は商品の認知

もしくは販売することにあります。

施術者が商品の説明をして販売する方法もあります。

もちろんそれも売れるのですが、

一番は患者さん自身が興味を持ってもらい患者さん自身が欲しくなる

このような流れが作れると、商品の販売は押し売りになりません。

例えばこちら側から

施術者
〇〇さんこの商品とてもいいですよ買いませんか

と言うふうに言われると押し売りになります。

別にその商品を出して欲しくないんだけどな。

と言うふうになります。

しかし反対に

あきこさん
患者さんから先生この商品欲しいんだけどもこれって私に合うかな

と言うふうになればそれに対して説明をしてあげれば良いので押し売りにはなりません。

このような仕組みが作れれば商品はこの薬ようになってきます。

また患者さんからこんな悩みがあるんだけどもと言うふうに言われれば、それでしたらこういう商品がありますけども興味ありますか。

と言うふうに提案することもできますよね。

ポップを活用する意味はここにあります。

そして可能であれば手書きのほうがいいです。

手書きの理由は温かみと目立つことにあります。

基本的にはホームページもそうですしチラシ、看板等も全てパソコンを使った事文字になりますよね。

そのような文字の中で同じようなパソコンの文字があると正直あまり目立ちません。

患者さんの声も直筆の声をもらうからこそ信憑性が湧いてきます。

それと同じようにポップも手書きで書くことによって目立つようになるので目に留まるようになってくれます。

字を書くのが苦手。と言う方はパートナーの方や女性スタッフ。

女性の受付の方に描いてもらったら良いでしょう。

装飾をたくさんするのかたくさんしないのかは治療院の雰囲気によって変わってきます。

私の治療院はかなりシンプルに作っているので、ポップもそこまで派手派手しい感じではありません。

ただ、待合室で待ってもらい座った位置から正面にポップが来るようにしています。

そうすることによって患者さんは

患者さん
先生なにこれ効果あるの?

みたいな感じで声かけをしてくれます。

そこからはその方の悩みを聞いて提案をしてあげる。

と言う風な流れを作って販売に持っていきます。

治療院のポップに必ず書くべき項目

私がポップを作るときに必ずやっている項目があります。

それは

  1. 相手の悩み
  2. 使う事によってのメリット
  3. 〇〇の方にオススメ
  4. 金額

このような形で書いています。

患者さんの声があればその横に体験などを書くようにしています。

誰にでも効果あります。と言うのは誰にも響かないと言う形になってしまいます。

例えば、産後の骨盤矯正専用のベルトであれば男性には必要ないですよね。

出産をして5年以内の方へやって骨盤矯正専用のベルトです。

と言う風な切り口で行くとそこに当てはまった方が反応をします。

物販の中に私はファスティングを販売しています。

始めた理由は

齋藤
胃腸の調子が非常に悪くすぐに下してしまう。そのような状態でした。油ものを食べるとすぐに下してしまったり、調子が悪いと電車に乗るのも怖くなってしまう。常に恐怖心がありました。それを今まで食事を変えたりサプリメントを飲んだりしても全く変化なかったにもかかわらず、ファスティングをすることでそれら全て解消することができました。

と言う自分の体験談があるので自分と同じように悩んでいて、胃腸で辛い思いをしている方にファスティングをやってほしいと言う切り口で商品を販売しています。

なのでそれを求めている方は私と同じ気持ちになってくれるので販売する時が非常に楽です。

こんなふうにある程度ターゲットを絞った方が良いでしょう。

治療院のポップの役割は売る事が一番ではなく〇〇

ポップの1番の目的は得ることではなく認知活動だと考えてください。

私の所ではファスティングとプロテインを商品として販売しています。

私自身はファスティングがとても良いものだと考えています。

しかし、患者さんからすると

患者さん
ファスティングなんて知らないし3日間も食事を取らないなんて我慢できるわけがない

そんなふうに思われてしまいます。

私がどれだけ良いものと熱弁したところで良さが伝わらなかったりもしくはその存在があることすら知らない方もいらっしゃいます。

でもファスティングと言う言葉を知り興味を持ったことによって患者さんがこちら側に質問を投げかけることがあります。

それができることによってそんなに良いものだし先生もやってるんだったら私も1度やってみようかな。

と言う感情になってきます。

このように患者さんにまずは知ってもらうと言う段階から始めて患者さんに商品を提供することができます。

それをするためにもポップと言うのは非常に重要な役割を果たします

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はポップの重要性やポップに必要な内容などをお話をしていきました。

  • ポップを活用してまずは患者さんに知ってもらう
  • その上でこちらが提案したり患者さんから興味を持ってもらい会話につなげていく
  • 最後にその商品を販売して購入してもらう

この流れがきっちりとできるようになれば物販の販売は、こちらのセールストークをそこまで磨くこともなく得ることができます。

私の場合はファスティングとプロテインを売っていますが、これがコルセットだろうが化粧品だろうが同じことがいえます。

物販は手離(治療をしなくても売り上げが上がる)のように売り上げを上げる、利益を上げるための大事な要素となっています。

ぜひポップを活用して物販販売を行っていきましょう。

 

 

YouTubeを使えば全国の方に物販販売が可能になる?

現在無料メールマガジンで集客の方法とYouTubeを使った物販販売を公開しています。

現在私が実践しているのがYouTubeを使った集客方法。

そして、私のチャンネルを使用して2本の動画で50万円以上の売り上げを作った方法を公開

もしあなたがYouTubeを使い継続的に安定的な集客をしてみたい。

物販販売を強化したい。

と考えているのであればぜひご登録ください。

登録は10秒で終わります。

1週間でYouTube集客学べる無料メルマガの参加はこちら

YouTubeから新規集客が止まらない
毎月無料でYouTubeから10名以上の新患がきてしまう裏メソッドを限定公開

YouTubeだけで無料で毎日一人づつ新規患者さんが増えていく方法をメルマガ読者だけに無料でお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

28歳で開業。 独学やセミナーで経営の勉強。 月40万円以上使って広告費を使うがリピートが取れず利益が出ない状態。 休みもなく、家族との時間も作れない期間が2年間も続く 現状打開の為にYouTubeを使う。60本の動画でも全く集客できず。 試行錯誤を加えて月に25名動画で集客をし、全国から患者さんが殺到。 現在はリピート患者さんで予約が埋まる。 全国の視聴患者さんの為、自分のノウハウを全国の治療家に向けてセミナー、コンサルティング実施。