検索で上位に表示されるには必須、プロフィール(概要欄)で必ず書くべき5つのコメントとは?

YouTubeにプロフィール?

と思われた方もいるかもしれませんが、YouTubeには概要欄と言うものがあります。

概要欄と言うのは簡単に言うと

動画の説明欄と自分自身の紹介などをするスペース

だと考えて下さい。

概要欄には5000文字の文章を打つことができます。 

説明だけでなくても、商品の紹介、SNSへの誘導、ホームページへの誘導、院の情報などに使います。

パソコンだと始めの3行だけが表示され、スマホだと逆の三角形を押すことで全てを見ることができます。

今回はこの概要欄に書くべきポイントをまとめていきます。

概要欄に記入する効果的な雛形

概要欄にも話す内容と同じ様に雛形を作成することで集客の流れを作る必要があります。

概要欄の内容をあまり書いていない方もいらっしゃいますが、SEO対策としては非常に効果があるのと、こちらにURLなどを貼っていくと自分のホームページのアクセスを上げることができます。

動画のSEO対策には2つあります。

  • YouTubeの検索窓で検索された際に上位に表示をさせる方法
  • 関連動画対策として自分の動画をみてもらう事

話す内容と同じように概要欄に書く内容をあらかじめ決めておけば毎回考えなくても済みます。

関連動画対策はこちらからご覧下さい。

関連動画として自分の動画を上手く載せる極秘その1

2019年3月3日

まずは概要欄に書く流れを説明をします。

  1. とってほしい行動を明記する
  2. 内容を文章として書く
  3. 関連動画としてURLを貼り付ける
  4. 院の情報などを明記する
  5. もう一度取ってほしい行動を明記する

この様な流れで流れを書いていきます。

目的と内容を一つずつ説明をしていきます。

まず全てに共通して意識してほしいことががあるのですが。

狙っているキーワードを使うこと

を特に意識して作成をして下さい。

キーワードに関してはこちらをご覧下さい。

動画のキーワードはどうやって決めるの?

2019年2月28日

キーワードのお話をさせて頂きましたが、ここでも意識をする必要があります。

概要欄の中にキーワードを埋め込むことによってグーグルが判断をしてくれます

私が実際に行っている方法を全て書き出しますので参考にしながらご自身の概要欄の雛形を一度作ってみてください。

 ①とってほしい行動を明記する

YouTubeを見ている方にとってほしい行動を決めていきます。

あなたは何をして欲しいのかを決めていきます。

例えば

  • チャンネル登録をしてほしい
  • ホームページを見て欲しい
  • FacebookやTwitterを見て欲しい
  • セミナーに案内

をするなどのように、 YouTubeを見ている方にとってほしい行動をまずあなたは何をして欲しいのかを決めていきます。

因みに今私は一番上にチャンネル登録、次にセミナーのご案内を入れています。

もし、集客を考えているのであれば一番上にホームページを入れておくのがいいでしょう。

以前からYouTubeのチャンネルを持っている方や登録者数が1000人以上年間の再生時間が年間で4000時間以上ある方に関しては、カードや終了画面と言うもので自分のホームページに誘導することが可能です。

(この決まりの詳しいお話は別のブログでお話をします)

しかし、今お話ししたものに当てはまらない方が新しいチャンネルを作成をするとカードや終了画面と言うところでホームページへの誘導ができません。

そこでホームページに誘導する場合には概要欄に書いておくと誘導ができますのでこちらの設定は必ず行うようにしておきましょう。

概要欄は

概要欄の見え方
パソコンだと始めの3行だけが表示され、スマホだと逆の三角形を押すことで全てを見ることができます。

これを意識して一番上にホームページに誘導するのがいいです。

 ②内容を文章として書く

腰痛ストレッチと言うキーワードでタグ設定をしたのであれば腰痛ストレッチって言うのを意図的に使いながら文章で説明していきます。

  • 正しい手順
  • してはいけないこと
  • なぜこの動画を撮ろうと思ったからの思い

等を書いても構いません。

詳細は動画を最後までご覧くださいなどのように動画を最後まで見てもらうための誘導でしめてもらっても構いません。

動画を見る方は全員が静かな場所で見ることができたり、イヤホンをつけられるわけではないので概要欄に手順などを書いておくと動画だけではなく文章で理解することができ動画で詳しく再度見直すと言うこともできます。

そのような副産物も考えて概要欄は書く必要があります。

また、そこに情報があることで自分のホームページへの誘導をすることができます。

YouTubeでの集客する時、どのような形,導線で来院するのかを理解する

2019年2月27日

新規として来院してもらう為の導線は下記をご覧頂きたいですが、ホームページは必須になります。

だからこそ概要欄は必須なのです。

 ③関連動画としてURLを貼り付ける

ユーチューブの一番の特徴として、関連動画という物があります。

パソコンなら動画の横に出てきてきます。

スマホなら下に画面をスクロールしていけば見ることができます。

パソコンなら横に出ます。

スマホなら下に出てきます。

この関連動画がとても重要なのです。

アクセスの大半はこの関連動画からくる事が多いからです。

関連動画対策には

  • 自分の動画に対するもの
  • 他の方に対するもの

この2つがあります。

詳細は下記をご覧下さい。

その際に、概要欄に動画の関連性の高い動画を入れておくと関連動画対策になります。

例えば腰痛ストレッチに対するキーワードとタイトルで動画を作成したならば、同じような内容のURLを貼り付けるようにしましょう。

そうすることによって外部リンクや内部リンクが貼られているのと同じような状態になります。

概要欄に他のチャンネルを紹介しても構いません。

例えば自分のストレッチ動画と他の先生の腰痛のストレッチの動画を載せます。

すると、相互リンクの様なイメージで双方の関連動画に出やすくなる傾向にあります。

これをするかしないかは賛否ありますが、仲のいい先生や、分院をされている方にはとても有効な対策です。

自分の動画をみてもらった後にまた自分の動画を出す事が出来たり、リンクを貼り付けている同士で関連動画として出てくるのでSEO効果として見込めます。

 ④院の情報などを明記する

YouTubeを見てすぐに電話をしたいと言う方も中にはいらっしゃいますし、現実的に通える範囲かなどを見るためにも住所等を明記しておく必要があります。

 YouTubeからすぐに院に来ると言う事はあまり少ないかもしれませんが中には少数ですがいらっしゃいます。

私のところでは年に2、3人と言う程度ですが、それでもやはり院の情報は必須です。

⑤最後にもう一度とってほしい行動を明記する

最後にもう一度とって欲しい行動を示します。

基本的に人は面倒な事が嫌いなので、もう一度上から見直しすると言う事はあまりしません。

いいなと思っても上には移動しない為、結局のままスルーされる場合もあります。

それを防ぐ為にも繰り返します。

実際に私のYouTubeチャンネルとご覧になられるといいと思います。

https://www.youtube.com/channel/UCQwnN79YdlsFv-odnSNoVOw/

以上5つの内容から概要欄を作成していきます。

動画の構成と同じようにあくまでも私が個人的に行っている方法なのでこれを必ずしなければいけないと言うこともありません。

ただし5000文字と言う制限がある中でSEO対策もなりますので何も書かないと言うことや導線を貼らなければ集客することができません。

新規集客をメインで行うのであれば絶対にホームページ誘導してホームページを見てもらうことをしなければいけません。

何度も言いますが導線を意識しながら概要欄を作成してください。

YouTubeから新規集客が止まらない
毎月無料でYouTubeから10名以上の新患がきてしまう裏メソッドを限定公開

YouTubeだけで無料で毎日一人づつ新規患者さんが増えていく方法をメルマガ読者だけに無料でお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳で開業。 独学やセミナーで経営の勉強。 月40万円以上使って広告費を使うがリピートが取れず利益が出ない状態。 休みもなく、家族との時間も作れない期間が2年間も続く 現状打開の為にYouTubeを使う。60本の動画でも全く集客できず。 試行錯誤を加えて月に25名動画で集客をし、全国から患者さんが殺到。 現在はリピート患者さんで予約が埋まる。 全国の視聴患者さんの為、自分のノウハウを全国の治療家に向けてセミナー、コンサルティング実施。