動画集客には、編集よりも、撮影技術よりももっと大切なこととは?

齋藤
YouTubeで集客をしようと考えたとき動画編集ってすごく大事だよな。どんなコンセプトで話せばいいのかな。そんなふうに考えることが多いと思います。しかし動画編集よりもコンセプトよりももっともっと大切なことがあります。 YouTubeでなかなか集客ができない。どんな動画をとればいいのかがわからない。そんなふうに悩んでいるのであれば今回の日はきっとお役に立てると思います。

なぜ音楽を入れたりテロップを入れて編集をするのか?

動画の編集をするときにテロップを入れたり音楽を入れたりすると思います。

そもそもなぜ動画に音楽やテロップを入れる必要があるのでしょうか?

なんとなく他の方が入れているから自分も入れている。

そんな方もいらっしゃるかもしれません。

テロップを入れたり音楽を入れたりするのは決して間違っていないし、必要なことだとは思います。

しかし、それよりも必要な事と言うのは

動画を見ている人がいかにわかりやすくあなたの動画を見続けてくれるか

これが一番の目的です。

わかりやすく聞きやすいのであればわざわざテロップを入れたりする必要はありません。

言葉だけで全て説明できるのであれば写真を入れる必要も全くありません。

  • 見ている相手がわかりにくいな
  • こういう写真があった方がわかりやすいんだろうな

この様な感じで編集をしていきます。

もちろんこれも大切ですが、これよりももっと大切な事は次の内容です。

視聴者さんからするとどのような人に自分の体を見てもらいたいと思うのか?

失礼な言い方をするかもしれませんが

その辺でやっているマッサージ屋さんのお兄ちゃんに教えてもらうのと、国家資格を持っている柔道整復師の先生が教えている方であればどちらの方が体を見てもらいたいと思うでしょうか?

肩書と言うのは非常に重要です。

  • 雑誌に出ている
  • 理学療法士の免許を持っている
  • 柔道整復師の国家資格を持っている

など一般の人からするとちゃんと勉強している人なので安心できる。

と言うふうに思うものです。

という事は、自分の肩書きを動画に入れる必要あります。

あくまでも自慢を入れるのではなく、視聴者さんに安心感を与えるためです。

例えば

引用元

上記の写真ですが、整体師は免許がないと言うことをYahoo!の知恵袋で質問されていて、知っている方は無免許ということを理解しています。

腕が良いとか腕が悪いと言う判断ではなく信用問題となると言うことです。

このように考えたときあなたがもし免許を持っているのであれば提示をしないと視聴者さんはすごく不安感になると思いませんか?

逆に免許がしっかりありそれなりの肩書きがあれば視聴者さんは安心すると思いませんか?

サプリメントなどにもありますが、〇〇大学の〇〇教授が協力して作った

などと言う一文があると

施術者
それだけ凄い人が作ったのだから間違いないだろう。

と勝手に思ってしまいます。

それが効果がある効果がないにしろ人は肩書があればあるほど凄いと勝手に思ってしまうからです。

言い方が悪くなってしまいましたがそういう風に見られていると言うことも理解しなければいけません。

次に考え事は

  • 免許は持っているけれども解剖学の知識が全くないと言う方
  • 免許は整体師だけども解剖学の事はめちゃくちゃ詳しい

どちらの方が自分の体を見てもらいたいと思いますか?

理想的で言うと国家資格を持っていて解剖学のことが詳しい。

音楽やテロップを入れると言うのは先ほど話ししたみたいにわかりやすさを追求するために行っていきます。

写真などを使うのもそうで、わかりやすさを追求するためにしていきます。

それと同時に視聴者さんは独自理論であったりあなたの考え方本当にその理論に嘘がないのかということを知りたいと言うことを理解しましょう。

昔であればこんなストレッチをすればいいよ。

と言うので流行ったのですが最近はそうもいきません。

なぜそれをしなければいけないのか。

解剖学的に言うとどうなってるのかと言うのを事細かく説明をした方が悩みが深い方は共感を得やすい傾向にあります。

解剖学やよりわかりやすい説明をすることが大切になります。

先ほど野球選手も名選手だから明監督ではないと言ったように、自分の理論をいかに言葉や文章で表現できるのか。

YouTubeにおいてすごく重要な部分になってきます。

なぜその方法が良くて、なぜその方法がだめなのか動画で説明できますか?

知識的なことをお話しをしますが、 腰が痛い時にお尻のストレッチをしましょう。

この筋肉は腰の筋肉とお尻の筋肉がつながっているのでストレッチをすると効果があります。

もちろんこの説明でもわかる方も多いと思うので決して悪い説明ではありません。

でもこの説明既に使い古されていると言う欠点もあります。

施術者
例えば腰の筋肉とお尻の筋肉は同時に動きます。股関節を動かす時やお尻の筋肉を動かすとき腰の筋肉も同時に動きませんか?立った時右の足に体重をかけると右の腰も一緒に筋肉が硬くなっていませんか?

と言うように言葉だけで説明するのも大事ではありますが、実際に視聴者さんに体を動かしてもらい、視聴者さんが本当に筋肉が動いていることがわかれば

視聴者さん
本当に腰の筋肉とお尻の筋肉ってつながっているんだな。体でわかるからすごくわかりやすくて面白い。

こんな風に感じてくれる可能性があります。

そうすると単純に腰とお尻の筋肉はつながっています。

と言うことよりも自分の体で体感しながらわかってもらったほうがより理解もしやすくこの先生ほんとにすごいな。

と言うふうに感心してくれる可能性が増えます。

今のはすごく簡単に言いましたが、解剖学を知っていたりその表現をわかっている方は視聴者さんにも動画の中で一緒に参加しながら理解してもらうことができます。

これができるとどうなるか。

視聴者さんも一緒にするので視聴時間も伸びるし、動画の再生時間も自動的に伸びていきます。

このようなことを考えたとき本当に音楽があったりテロップは絶対に必要だと思いますか?

どちらかと言えば体を動かしてもらうことの方がメインであれば、余計なものがないほうがいいと思いませんか?

見やすくするためにはもちろん必要ではある部分もありますがときには 編集そのものが邪魔になることもあります。

動画の中で競合が増えているので差別化は必須項目

差別化と言われればいろいろなものがありますがわかりやすさや理解がしやすいと言うのもとても大きな差別化の1つとなります。

治療がうまいから説明が上手。というのも当てはまりません

治療がうまいと言うのと人に伝えると言うのは全く別物の作業だと考えてください。

差別化を図ると言うのは難しく考えず、どれだけわかりやすく解剖学の知識を持って説明できるのか。

これだけでも充分素晴らしい差別化となります。

今まで勉強したからこそ話ができる内容もたくさんあると思います。

理論武装で行くわけではありませんが、ある程度解剖学や生理学を動画の中で入れることによってプロの立ち位置を入れることができます。

しかも解剖学や生理学をわかりやすく伝えると聞いている側もとても楽しいです。

これでもとても大きな差別化になります。

わかりやすほど難しいものはないかもしれませんが今回のブログの記事ぜひ参考になさってください。

このブログを読んでもしもあなたがなるほどそういうことか。

と言うふうに感じているのであれば動画の中で視聴者さんも同じことを感じてくれている可能性があると言うことです。

YouTubeで集客する為の方法を無料で学んでみませんか?

現在無料メールマガジン、LINEでYOUTUBE集客の方法を公開しています。

現在私が実践している方法を全てお話をしています。

もしあなたがYouTubeを使い継続的に安定的な集客をしてみたい。

と考えているのであればぜひご登録ください。

登録は10秒で終わります。

リアルなYouTube集客が学べるオンラインサロンの入会はこちら

YouTube集客の秘密をお伝えするLINE登録はこちら

毎日少しずつYouTube集客学べる無料メルマガの参加はこちら

 

YouTubeから新規集客が止まらない
毎月無料でYouTubeから10名以上の新患がきてしまう裏メソッドを限定公開

YouTubeだけで無料で毎日一人づつ新規患者さんが増えていく方法をメルマガ読者だけに無料でお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳で開業。 独学やセミナーで経営の勉強。 月40万円以上使って広告費を使うがリピートが取れず利益が出ない状態。 休みもなく、家族との時間も作れない期間が2年間も続く 現状打開の為にYouTubeを使う。60本の動画でも全く集客できず。 試行錯誤を加えて月に25名動画で集客をし、全国から患者さんが殺到。 現在はリピート患者さんで予約が埋まる。 全国の視聴患者さんの為、自分のノウハウを全国の治療家に向けてセミナー、コンサルティング実施。