YouTube動画に字幕は?音楽は?画像は必要?

あきこさん
斉藤先生質問があります。
齋藤
あきこさん。急にどうされたんですか。
あきこさん
YouTube 動画を撮影していて、色々な方を見ているとすごい編集でこっているなと感じることが多くなっています。
齋藤
そうですね。以前に比べるとかなり手をこんで作成されている方が増えていますね。
あきこさん
動画を作る時に音楽、画像、字幕などたくさんやることがあるのですが一体どうしたらいいのでしょうか?
齋藤
とてもいい質問ですね。正直必要なものと必要じゃないものがあります。どれをチョイスするかは考える必要はありますが必ず必要なものもあります。
あきこさん
やっぱりそうなんですね。是非教えてください。

あなたも YouTube を見ていると

『この動画すごくて手を込んで作っているな』

『この動画すごく見やすいな』

と感じることはないでしょうか?

最近の新しい動画は皆さん力を入れている感じがします。

さてこのような時何を選択すれば良いのか悩みませんか?

集客をするためにある共通点があります。

その共通点を知れば何を選択すればいいのか知ることができます。

選んでもらった理由は他の動画よりも分かりやすいから

私のところの事例をご紹介します。

私のところで来院される方の共通点として必ず言われるのが

『斉藤先生の動画は分かりやすく、聞きやすいから』

というのが圧倒的に多いです。

自宅から近いなどという物理的な理由ももちろんありますが、何も知らない方からするとわかりやすいというのは非常に助かると思います。

まず一つ考えていただきたいのは

患者さんは何も知らない

ということを理解していただきたいです。

例えばあなたは私は今から書いている文章を理解できますでしょうか。

YouTubeで集客するためには再生維持率というのが一番重要です。再生維持率を向上させようと思うとタイトルやタグも重要ですがサムネイルがとても大切になります。また再生維持率が低いとブラウジング機能の役割を果たすことができないのでチャンネル登録者数も再生時間も伸ばすことができません。

YouTube のことを知ってる方に話しても上記の内容について特に問題はないと思います。

しかし、YouTubeを全く知らない方にとっては上記の文章をちんぷんかんぷんだと思います。

なぜならば専門用語が多すぎるからです。

タイトル?タグ?ブラウジング機能?再生維持率?

難しい文字がたくさんですよね。

YouTubeをしている方からすると全く理解できない言葉ではないのですが、知らない方からすると意味不明です。

ということは YouTube 動画でいかに専門用語を使ってはいけないということが分かると思います。

例えば

肩には三角筋という筋肉があります。

三角筋という筋は我々の業界では当たり前ですよね。

起始停止表から触ることもできますよね。

しかし動画を見ている患者さんはそんなこと全く分かりません。

起始停止と呼ばれても何のことかそれも分かりません。

であれば画像を使ったり写真を使ったり自分の手でこんな筋肉がありますという風に説明した方がより分かりやすいですよね。

分かりにくいという時点で動画が頭に入らず見るのを懸念される傾向にあります。

難しい論文や難しい本を読んであなたも一度は諦めたことはあると思います。

それと同じですね。

動画も見たくなくなります。

あきこさん
確かにむずかいいのってたまにありますね。私も何回も挫折した経験があります。
齋藤
そうなんです。知識があって言いたい気持ちはよくわかるんですけどね。

でここからが問題ですが、字幕、音楽、画像は本当に必要でしょうか?

本題に入ります。

YouTube動画に字幕は?音楽は?画像は必要?

1つずつ紐解いていきます。

YouTube動画に音楽は必要なのか?

音楽は正直必要でないと考えています。

たとえば冒頭の部分で音楽を挿入したり、一番最後の部分で音楽を挿入する。

などのように限定的に行う場合はいいかもしれません。

しかし動画全体になると音楽の方に耳が入ってしまうので、本来聞いてほしい部分が聞かれないという可能性があります。

YouTuberであれば音楽も必要かもしれませんがどちらかといえば音楽よりも効果音の方が良いと考えています。

ポイントのところに音を挿入 するというのは非常に効果があると思います。

例えばポイントなどの際に

『ピンポンッ!』

などの音を聞いた事あると思います。

あんなイメージです。

YouTube動画に字幕、テロップは必要か?

動画を作成する前に字幕、テロップは必要と私は考えています。

なぜならば音だけでなく字幕を挿入することによってよりわかりやすい状況になるからです。

全員が動画を見る時音が必ず出せるとは限りません。

イヤホンをつけていれば聞けるかもしれないと言われそうですが、タイミングによっては音が出せない時やイヤホンがつけられない時もあるかもしれません。

そんな時にたまたま自分の動画が出てきたという場合も中にはあるかもしれません。

後で見ようと思い動画を止めて、結局見られないということもないとは限りません。

そこで字幕があると画面とテロップだけでわかりますよね。

これは極端な例ですが・・・

もう少しわかりやすいのがテレビですね。

テレビを見てもらうとわかりますがテレビでも重要なポイントや面白いポイントってテロップが流れませんか?

より分かりやすく理解しやすく面白くするためにあのようなテロップを用意しています。

テロップがあることによって動画より見やすくわかりやすい風になりますよね。

YouTube の動画とテレビは現在ほとんど差がなくなっています。

テレビの視聴率が下がっている変わりにYouTubeで見るという方増えていますよね。

私なんかまさしくそうです。

テレビはほとんど見ずにYouTubeがほとんどです。

YouTube 動画に画像は必要なのか?

これは時と場合によりますが基本的にあった方がより分かりやすいです。

例えばストレッチの方法をしている場合角度によって動画で見にくい場合があります。

例えば正面からの動画を撮っていたら、横の方に横から見た写真を入れる。

などのように少しの工夫でみやすさが断然変わってきます。

今回この記事の内容をまとめた動画を下記に見れるようにしていますので一度ご覧になってください。

動画の中にテロップや写真があった方がより分かりやすくて見やすいというのがよく分かると思います。

まとめ

全ての基本はわかりやすいかどうか

YouTube動画を見ているとたまにかなり専門的で分かりにくい動画があります。

『お前がそれはお前に知識がないからだよ』

と反論される方もいらっしゃるかもしれませんが、見ている方は基本的に知識がありません。

知識がないからあなたを動画の見ています。

もしも、よく知っているのであればあなたの動画を見る必要はありません。

色々な事をされている方がいらっしゃいますが、基本わかりやすさを重視です。

YouTuberはエンターテイナーなので派手さは入りますが、私達はそこまで必要ないかと思います。

分かりやすいということは自分自身がどれだけ理解をしているかということにも直結しますのでしっかりと勉強する必要があります。

YouTube動画はこれからどんどん色々な業種や同業が参入してきます。

すでに飽和状態に入っていると思いますが、これからもっともっと厳しくなると思います。

しかし YouTube 動画は個人を出す上ではかなり有効な手段と私は考えています。

是非今回の記事を参考にしてください。

YouTubeから新規集客が止まらない
毎月無料でYouTubeから10名以上の新患がきてしまう裏メソッドを限定公開

YouTubeだけで無料で毎日一人づつ新規患者さんが増えていく方法をメルマガ読者だけに無料でお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳で開業。 独学やセミナーで経営の勉強。 月40万円以上使って広告費を使うがリピートが取れず利益が出ない状態。 休みもなく、家族との時間も作れない期間が2年間も続く 現状打開の為にYouTubeを使う。60本の動画でも全く集客できず。 試行錯誤を加えて月に25名動画で集客をし、全国から患者さんが殺到。 現在はリピート患者さんで予約が埋まる。 全国の視聴患者さんの為、自分のノウハウを全国の治療家に向けてセミナー、コンサルティング実施。