動画が見られるかはこれで決まる!タイトルの作成方法(動画解説あり)

今回は動画で集客する為のタイトルの作り方をご説明をします。

タイトル一つで集客できたり、動画の再生回数が増えたりなど、とても重要なポイントがあります。

タイトルを外すとそもそも検索されなかったり、関連動画にも出す事が出来なくなります。

少しテクニカルな事から王道の事まで全てお話をしますので、是非最後までご覧になって下さい。

タイトルの前には必ずキーワードの選定から

まずタイトルを作る際には必ず

キーワードの選定を終わらせる

と言う事が必要です。

キーワードの選定方法はこちらからご覧下さい。

動画のキーワードはどうやって決めるの?

2019年2月28日

タイトルを選ぶときにはまずキーワードをしっかりと決めなければいけません。

タイトルの中には必ずキーワードを含まないといけないからです。

これはブログを書く際にも同じ事が言えますね。

タイトルは最初は仮のタイトルでも構いません。

例えば

腰痛ストレッチ

と言うキーワードで作成するのであればタイトルには腰痛ストレッチと言う言葉を使う必要があります。

ストレッチをすることによって腰痛を治したいと言う方をターゲットとすると

  • 腰痛を治すためにお勧めする3つのストレッチ
  • 腰痛のストレッチはこれだ!治すためにはこの方法を試して!

等のようにタイトルの中によりわかりやすい内容でベネフィットを含んだ言葉で入れる必要があります。

ベネフィットと言うのはその方がその物事を行うことによってもたらされる結果の事いいます。

少しわかりにくいですね。

例えばビデオカメラ

特徴
今までのビデオカメラは2時間しか連続で撮影することができませんでした。しかし、今回は4時間まで伸びました。

これは商品の特徴を紹介されているだけですね。

ベネフィットに置き換えると

ベネフィット
今までのビデオカメラは2時間しか連続で撮影することができませんでした。しかし、今回は4時間まで撮影できることによって予備のバッテリーも持ち運ぶ必要もないですし、セミナーなども連続で撮影することができます。時間を気にせず撮影できます。

等の様にターゲットに合わせてもたらされる結果ががわかるとより購入しやすくなります。

より使っているシーンがイメージしやすくなっているからです。

これを整体のタイトルで考えてみましょう。

腰痛を治すためにお勧めの3つのストレッチ

そういう場合は腰痛を治すためにはこの3つのストレッチだけやっとけば大丈夫なんだなと言うふうに捉えることができます。

実際はそれだけで完治すると言うわけではありませんがベネフィットを提示することによって目的がわかりやすくなるので見てくれる可能性が非常に上がります。

もう1つの方法として、数字を入れることによってより具体的でわかりやすくなります。

3日間で、3秒間で、5分間で、たった1分間で

等のように数字や期間を入れることによってわかりやすくなります。

数字を入れることによってハードルが非常に下がるので継続しやすいと言うメリットもあります。

通販などの広告をいろいろ見ていると数字を入れて出していることが非常に多いということが気づくと思います。

一度ネットの広告や新聞広告など見てください。

タイトルにこだわるもう一つの理由

タイトルにこだわるもう1つの理由として、実際にYouTubeで腰痛ストレッチと検索して下さい。

  • タイトル
  • サムネイル(写真の事です)
  • 再生回数
  • 3行程の概要欄(説明分の事です)

しか出てきません。

見る方はこの3つの情報だけで見るかどうかを決めていきます。

だかこそタイトルはとても重要なのです。

まずは他に方が実際に出しているタイトルを参考にするといいです。

他の方と同じタイトルでが正直面白みがないので、少し違う形でタイトルを作ると面白いです。

否定動画は反響がある

否定動画などがここに入れば見られる可能性が出ます。

例えば

こんな腰痛にはストレッチは危険!ストレッチをする際には気をつけてほしい自覚症状

なんか気になりませんか?

こんな風に見ている方を引きつける事が出来れば再生数も増えます。

王道も狙いますがこの様な少しずらしたものを狙う事も大切です。

私はこの否定動画を行う事で集客出来ています。

批判ではないですよ?自分の考えを発信するだけです。批判はダメです。

数字を使うための注意点

数字を使うときの注意点もお話をしていきます。

たった3秒で、たった5秒で、たった1回で、などのように過剰に煽りすぎると確かに再生回数は増える傾向にあります。

興味を引かせることができます。

しかしそれに対して内容が伴っていなかったり、予定通りではなく、時間がかかったりすると、言っている事と実際の内容が違うので反感が生まれてしまいます。

別の記事でお話をしますが、YouTubeで上位表示をしたり関連動画の対策をするときには視聴維持率というのがとても重要な指標になります。

これはどういうことかといいますと、動画がどれだけ最後まで見てくれているのかと言う指標になります。

例えば10分間の動画があり、ほとんどの方が1分から3分程度で動画を見るのを終わってしまうとなると、この動画は見ている方にとって有益な情報があまりないと言う風な判断をされてしまいます。

すると動画の質が悪いと言う判断をするので上位に表示されたり関連動画から外されてしまう可能性があります。

(関連動画も別の記事でお話しします)

ということは妙に煽ることによって逆に信頼も信用も失いすぐに消されてしまう可能性があります。

異常なほどの煽り方は絶対にしないように気をつけてください。

使い方によってよくも悪くもなりますので十分に注意が必要です。

以上がタイトルをつけるときに必要な部分となります。

これらを加味して最終的には一つタイトルを作成します。

実際自分が狙っているキーワードを検索してもらって他の方がどのようなタイトルで作っているのかというのを研究し、自分のものに生かせないかということを考えてください。

他の方をまるまるパクると言うのはやはり良いことではありませんのでその辺は常識の範囲で真似るようにしてください。

動画でもご紹介をしているので同時に見て下さい。

YouTubeから新規集客が止まらない
毎月無料でYouTubeから10名以上の新患がきてしまう裏メソッドを限定公開

YouTubeだけで無料で毎日一人づつ新規患者さんが増えていく方法をメルマガ読者だけに無料でお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳で開業。 独学やセミナーで経営の勉強。 月40万円以上使って広告費を使うがリピートが取れず利益が出ない状態。 休みもなく、家族との時間も作れない期間が2年間も続く 現状打開の為にYouTubeを使う。60本の動画でも全く集客できず。 試行錯誤を加えて月に25名動画で集客をし、全国から患者さんが殺到。 現在はリピート患者さんで予約が埋まる。 全国の視聴患者さんの為、自分のノウハウを全国の治療家に向けてセミナー、コンサルティング実施。