整体院は専門特化しないと集客できないの?

専門特化しないと集客できない

あなたは1度ぐらい専門とかをしないといけないと言うことを聞かれた事は無いでしょうか?

腰痛専門、慢性腰痛専門、重症腰痛専門、外反母趾専門など私の治療院のすぐ近くにも専門に力を入れているところがとても多いです。

コンサルタントに聞いても集客できない理由は専門特化をしていないから集客することができない。

だからできるだけ特化した治療院を作るようにしなさい。

などと言うようにあたかも専門とかがすべての正解のように言われることもあります。

果たして本当に専門とかしないと集客ができないのでしょうか?

また今後専門にしないと生き残れないのかということについてお話をしていきます。

YouTubeで集客をすると専門は不要?

私の整骨院にはYouTubeを見たと言う方から来院されることがとても多いのです。

東京都や香川県と滋賀県、大阪府、和歌山県、岡山県鳥取県など新幹線や車を使って遠方から来られる方がとても多いです。

専門特化をしていると遠方からたくさん来ると言うようなことを言われている方や、専門特化するとたくさんの方が集客できると言われる方がいらっしゃいますが、実際に私は専門とかを何もしていません。

私の治療院の周りにもたくさんの専門特化の院がありますが、確かに専門特化と唄えば専門的に見てくれると思われるかもしれません。

専門特化をするとそれ相応のメリットはあります。

注意点があります。

ところで証拠はあるの?

専門特化と言うのは確かに非常に重要なファクターではありますが、専門特化にして本当に証拠がなければ専門とかにはなりませんか?

極端な話明日から外反母趾専門と看板に書けば何時から外反母趾専門になることができます。

しかしホームページに外反母趾の事例が全くない場合果たして信頼を得ることができるでしょうか?

このようなことを言うと開業の時に専門とかができないんじゃないか?

と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

証拠はもちろん必要なのですがここで重要なのが自分の知識をみんなに知ってもらうということが大切なのです。

ブログで記事を書くのも、youTubeで外反母趾のことを専門的な知識で話しているとその人のことを本当に信頼しやすいと言う状況になります。

もちろんでたらめな情報は絶対にダメですよ。

最終的には声も勿論そうですが、あなたは誰でどんな専門的な知識があるのかという事を顧客は知りたいのです。

YouTubeの特徴は遠方から来る? 商圏が広がる?

YouTubeの特徴は遠方からくると商圏が広がる

先ほどYouTubeを見て来られる方の特徴で遠方から来ると言うのを上記であげました。

私のところにも兵庫県外から多くの方がいらっしゃいます。

悩みが深くきっちり症状を改善したいと思っている方は圏外からわざわざ新幹線や車を乗り継いで来られる方が多いです。

もしもYouTubeをしていなかったらこのような事は絶対にありえないでしょう。

なぜなら自分の院を見つけることができないからです。

先日はも東京か3時間近くかけて来院されて、次の予約も取られていました。

そもそも専門特化をした場合近隣で集客すると言うのはやや難しい傾向にあります。

例えば肩こりで悩まれている方とO脚で悩まれている方だったら肩こりで悩まれている方が方が多いと言うことがわかると思います。

もちろん競合が多かったり少ないなどの状況で地域によってはかなり差はあります。

しかしO脚にしても外反母趾にしても多くのところが治療を行っています。

巻き爪に関してもそうですが同業は少ないかもしれませんが、病院と言う選択肢がある以上病院が競合の対象になってしまいます。

と言う事は近隣だけで集客するというのは少しに難しくなってきます。

最終的には集客をしなくてもファンが通い続けてくれる仕組みを持つ事がもっとも大切です。

そして新規は少しだけいればOKの状態にすれば永続的に流行る治療院を作れます。

はじめの頃はチラシを撒けば反応が取れていたかもしれませんが、ある程度するとチラシからの新規がぐっと減るというのがチラシの特徴でもあります。

もちろん打ち出し方を変えることによって集客数を変えると言う事は可能ではありますが、それでも人口の流入がなければ難しいというのが現状です。

そのことを考えると情報発信をし続けて遠方から商圏を広げて集客をするということが必須条件となります。

このような場合、いかに情報発信をしていき改善して事例集を貯めていくかが専門とかを成功させるためのポイントとなります。

それができると競合に圧倒的な差をつける事ができます。

結局専門特化は必要なのか必要じゃないのか?

大前提として自分がその専門的な症状をずっと見続けたいのか。勉強したいのかということに尽きます。

専門とかは1つのテクニックですのでそれが全てだと思わないようにしましょう。

あたかもコンサルタントが全てが専門が正解と言うのは半分が合っていて半分間違っているので全てを鵜呑みにしないように気をつけましょう。

専門とかをすることによって1つの症状やものに集中できるので技術習得には時間短縮にはなります。

例えば外反母趾専門で行くと、外反母趾のことに集中的に効果を勉強すればいいです。

しかし外反母趾も見て、腰痛を見て、肩こりも見て、モートン病を見てなどいろいろな症状を見ているとそれなりの勉強が必要になってくるので深堀にはなりません。

ということわ専門特化をした方が効率が良いのは確かなのですが、その分だけ集客の事や情報発信を考えていかなければ成功は難しいです。

また他の方よりも深い知識技術を持っておかなければ悩みが深い方が来られた時に治らないと言うことになってしまい信用も信頼も失いかねません。

よくよく考えながら専門特化を行うようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は専門特化しないと集客ができないのかと言うものに対してお話をさせて頂きました。

結論を求めると専門とかがすべてはないのでしなければいけないと言うことでは無い。

というのが私の個人的な意見です。

YouTubeを使って遠方から来院される場合もありますし、もちろん東京から来られた場合でもリピートは確実にしてくれています。

いかにYouTubeを使ったり情報発信をすることによって商圏が広がるかと言うことを理解いただけたと思います。

1日で全てができるわけではありませんが毎日コツコツ続けながら行うようにしてください。

YouTubeから新規集客が止まらない
毎月無料でYouTubeから10名以上の新患がきてしまう裏メソッドを限定公開

YouTubeだけで無料で毎日一人づつ新規患者さんが増えていく方法をメルマガ読者だけに無料でお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳で開業。 独学やセミナーで経営の勉強。 月40万円以上使って広告費を使うがリピートが取れず利益が出ない状態。 休みもなく、家族との時間も作れない期間が2年間も続く 現状打開の為にYouTubeを使う。60本の動画でも全く集客できず。 試行錯誤を加えて月に25名動画で集客をし、全国から患者さんが殺到。 現在はリピート患者さんで予約が埋まる。 全国の視聴患者さんの為、自分のノウハウを全国の治療家に向けてセミナー、コンサルティング実施。