YouTubeは若い方を狙う?年配の方を狙うどちらの方が集客しやすいのか?

齋藤
youTubeで集客をする時どの年齢層を狙うと一番集客しやすいのか?この質問はセミナーでもコンサルでもよくいただきます。 ホームページでもチラシでもYouTubeでも誰をターゲットにするかというのはとても大切になります。今の現状と私の白いのお話も踏まえながらターゲット選定について今回はご紹介をします。

あなたの治療院には若い方と年配の方、どちらの方が多い?

今あなたは治療院を経営されていると思います。

カルテをご覧いただきたいのですが、あなたの治療院の年齢層は何歳の方が多いでしょうか?

YouTube、ホームページ、チラシ。

全てで年齢層を把握してみて下さい。

とりあえず、今の現状をどの年齢層が一番多いのか。

と言うことを一番最初に知っておく必要があります。

例えば

施術者
自分はスポーツ選手を見たいから10代から20代を集めたい。しかし実際治療院の中には50歳が8割で売り上げのほとんどを出している。

と言う場合に対して10代から20代を集めると言うのは現状では得策ではないというのがわかると思います。

ダメと言うわけではなく

強いところを伸ばしてあげるのが経営においてとても重要なポイントです。

10歳刻で構わないので、10代から70代まで。

  • 10歳代5%
  • 20歳代7%
  • 30歳代13%
  • 40歳代22%
  • 50歳代33%
  • 60歳代12%
  • 70歳以降8%

こんな感じです。

その中でどの年齢層が1番患者さんとして多いのか。

地域によって全く変わってくると思いますので、 あなたの治療院に来ている年齢層を調べるようにしましょう。

また、それと同時に男女別で調べると動画を出す内容が変わってくるのでそれも同時に調べておきましょう。

年齢と性別がわかればその次にする施策とは?

年齢と性別がわかれば次に行うのはその方たちにアプローチする方法を考えます。

例えばあなたの治療院に50代が1番多いとしましょう。

そして男性が多いと仮定します。

一番多いところがあなたの得意と言う部分なので(好き、嫌いではなくあなたにその年代の方が魅力的に映る)と考えてください。

そのような状況であれば50代の男性に向けた動画を作るのが1番集客ができます。

先ほどもお話しをしたように見たい見たくないは別にして、周りから見て50代の男性があなたの治療を求めている証拠となります。

確実にYouTubeで集客するために50代の男性に向けた動画を多数作っていくのが一番最短に集客できる方法となります。

売り上げも安定して集客も安定していけばそこで初めて自分の好きな患者さんを集めることを行うのが一番理想的です。

5年後、10年後の日本の人口はどうなっている?

下の写真をご覧いただきたいですが、現在子供の数はどんどん減少しています。

これはもう仕方がないことと言う事は認識されていると思います。

引用元

 

引用元

それともう一つ人口が一気に減るわけではありませんが、高齢化にどんどん近づいていますよね。

上の写真がそうですが、

この40年ほどで倍近くになっています。

そして平均年齢もどんどん増えている。

私も治療院で1回9800円の金額をいただいています。

決して安い金額では無いのですが、年配の方も多くいらっしゃいます。

以前は30代から50代が圧倒的に多かったのですが、ここ2年3年ほどで60歳以上の方がYouTubeを見ていらっしゃることが非常に多くなってきます。

単純に高齢化社会になって年齢がどんどん上がってくるというのが考えられます。

そのようなことを考えたとき若い方をしっかりと集客するのは良いとは思います。

都会であれば子供さんや学生が多いので集客ができるかもしれません。

しかし、田舎の方や人口が少ないところ若い方が少ないところではどうしても若い方を集客するのは非常に難しいというのが現状にあります。

ここに関しては正直努力も必要だと思いますが、現状を変えられない部分もあると考えています。

私の治療院は兵庫県西宮市にあります。

学校数ももちろん多く、生徒も多いのですが出生数だけを見ると子供だけをターゲットに狙う。

と言うのは非常に難しくなってくる現場にあります。

狙うのがダメと言う話ではなく、しっかりと戦略を立てて狙う必要がある。

ということを理解しておいてください。

若い方と、年配の方。動画の内容がどう変えたらいい?

若い方と年配の方求めているものが基本的に違います。

痛みを取りたい。治したいと言うのは基本的には同じ欲求だと思います。

ただ、若い方は痛みを完全に取り除くと言うのが当たり前に考えていると思います。

痛みが取れればとりあえずOK。

年配の方ももちろんその気持ちはありますが、

患者さん
歳だから完全に治る事は難しい。悪化しないようにできたらそれでいい

と言う考えている方もとても多いです。

全員がそんなふうに考えているわけでは無いんですよ。

しかし現場難しいと言うのもご本人が理解している部分もあります。

そんな時に痛みを完全に治す方法。

と言うのも大切なのですが、年配の方を狙おうと思った時に今以上に悪化しない方法であったり、痛みを少しでも解決する方法。

自分の足で常にずっと歩けるようにすること。

と言う方が現実的に響いてきます。

若い方と年配の方であれば痛みを完全に取り除くための動画なのか、悪化しないためのメンテナンスの動画なのか。

治療においても同じことがいえます。

若い方をターゲットにする場合は1日でも早く簡単にお手軽に治す方法。

年配の方であれば時間が多少かかってもいいのでしっかりと痛みを取りたい。また再発を防ぎたい。

と言う風な欲求が多少変わってきます。

これら2つを同時に達成する事は基本的にはできないので、一番最初にお話をした若い方と年配の方どの年齢層があなたの治療院に多いのか。

ということを知った上で動画作りに励んでいただければいいと思います。

最終的にどの年齢層を狙うと集客ができるのか?

年配の悩みが深い方の方が集客できます。

私の場合もともとがそうなのですが、基本的に若い方の治療は狙っていません。

お金の話になりますが、若い方のLTVよりも年配の方のLTVの方が圧倒的に高いです。

また年配の方の方が悩みが深い分だけ継続して治療をしていただけると言うメリットもあります。

無理矢理続けていくと言うわけではありませんがお金をしっかり払ってでも自分の体を良くしたい。

と言う方が私の治療院では非常に多いのでそのような形を中心に今後集客をし続けると思います。

あくまでも私の集客の戦略であるので真似をする必要はありません。

私の治療院とあなたの治療院の患者層は多少変わってくると思うのであくまでも自分の治療院に会う患者さんを集客するようにしましょう。

絶対にやってはいけないのは

自分は〇〇が好きだから〇〇を集客したい

これをすると独りよがりになってしまいます。

理想的ではありますが、自分の得意な分野と患者さんが求めていることが一致することが大切です。

そこだけは忘れないように気をつけましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はYouTubeで集客する時若い方、年配の方どちらを集客するのかという話をしました。

結果的にはあなたの治療院の一番多い年齢層を 見つけてその方たちにアプローチするのが一番集客できます。

今の現状を日本の人口が増えると言う事はありません。

高齢化社会になり人口が減る分だけ集客の方法やターゲットを考える必要があります。

今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

日本全国からどこからでも受けられるYouTubeのズームセミナーへのご案内

現在YouTubeセミナーをズームにて行っています。

遠い方だと青森県や宮城県。

そんな方々が大阪のほうに出向くのは少し時間がかかったりすることがあります。

そこで日本全国どこにでも自宅や治療院からYouTube生のセミナーを受けられるようにズームでの開催をします。

不定期ですがズームセミナーをご希望の方はぜひ下記からご覧になってください。

YouTubeの基礎から応用編すべてお話しをしますよ。

 

 

 

 

 

YouTubeから新規集客が止まらない
毎月無料でYouTubeから10名以上の新患がきてしまう裏メソッドを限定公開

YouTubeだけで無料で毎日一人づつ新規患者さんが増えていく方法をメルマガ読者だけに無料でお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

28歳で開業。 独学やセミナーで経営の勉強。 月40万円以上使って広告費を使うがリピートが取れず利益が出ない状態。 休みもなく、家族との時間も作れない期間が2年間も続く 現状打開の為にYouTubeを使う。60本の動画でも全く集客できず。 試行錯誤を加えて月に25名動画で集客をし、全国から患者さんが殺到。 現在はリピート患者さんで予約が埋まる。 全国の視聴患者さんの為、自分のノウハウを全国の治療家に向けてセミナー、コンサルティング実施。