治療院がYouTubeで集客するための動画作成手順とは?

齋藤
よくいただく質問として YouTube を投稿しているけれども集客に繋がらない。どのような戦略で動画を出せばいいのでしょうか?こんな風な質問をいただくことが多いです。このような時あなたはどのように答えますか?この答えが明確にできなければ YouTube で集客は少し難しいです。この記事を最後まで読んでいただくとどのようにして YouTube で集客につなげていくのかということが明確にわかるようになります。

肩こりで辛いと感じている人と、肩こりで頭痛もあり薬が手放せない人どちらが深刻?

上記の質問どちらが深刻でしょうか?

一度考えてみてください。

肩こりでなんとなく違和感があるな。

ちょっとしんどいなという方が治療院に来る可能性と。

肩こりで頭痛もあり薬が手放せない。病院にいっているけれども改善する見込みが全くない。

でも仕事もあるし仕事を休むわけにもいかない。少しでも早く頭痛を改善したい。

このような2つのパターの時どちらの方が治療院に来る可能性が高いでしょうか?

恐らく後者ですよね。

何が言いたいかと言いますと

YouTubeで再生回数を上げることを目的とする。

YouTubeでの収益を考えると、多くの方が悩んでいる肩こりでちょっとしんどいな。

という方に対してお手軽に出来るストレッチの方が受けがいいと思います。

(競合はめちゃくちゃ多いですが・・・)

でもあなたが YouTube で自分の治療院に集客をしたいのであればこの方法はやめるべきです。

なぜならばわざわざ治療院に来なくてもストレッチで満足するからです。

決してこれが悪いと言っているわけではなく最終的な着地点は治療院への集客です。

であれば視聴された方があなたの動画を見て

『この先生であれば私の悩みを全て解決してくれるかもしれない』

と思ってもらわないと集客には繋がりません。

お金のことや時間がない、通うのに遠いなどの理由もありますが本当に悩んで辛い方はそんなことよりも痛みを取ることを優先すると思います。

現在コロナの事もありますが、本当に辛い方っていらっしゃいますよね?

緊急性が高いものや 、症状が強いものに関してはとにかく早く見て欲しいと思うのが通常です。

YouTube で集客をしようと思った時にライトな患者さんよりも深刻な悩みの患者さんの方がリピートがしやすいという傾向もあります。

もちろん結果を求められますし、痛みを改善するのは当たり前のことなのでハードルは上がると思います。

深い悩みがない方に問題点の提起をしてもなかなか優先順位が治療院に向かないのも正直なところです。

あなたが YouTube で集客を目指すのであればある程度悩みが深いものにフォーカスする必要があります。

あきこさん
いきなり登場します。この考え方本当にそうですね!!
齋藤
あきこさん。いきなりびっくりしました。そうです。あくまでもYouTubeで生計を立てるのが目的じゃないですからね。

症状ベースではなく悩みベースで物事を考える

YouTube で動画を撮影する時に

『腰痛の動画を撮ろう』

『肩こりの動画を撮ろう』

だけで 動画を撮影するのは誰にも響かない動画ができてしまいます。

肩こりで悩んでいる方腰痛で悩んでいる方というのは正直いません。

肩こりがあるから普段の生活に何が困るのか?

腰痛があるから普段の生活で何が困るのか?

悩みというのは大きく分けて2つあります

  1. 今この現状をなんとか改善したいという悩み
  2. このまま痛みや不快感が続くともっとひどくなってしまうんじゃないかという悩み

患者さんを見られている方はわかると思いますが、ほとんどの場合この2つのどちらかに当てはまります。

この2つを考えた時に肩こりで悩んでいる方の場合

  • 肩こりがあるから今の現状を何とかしたいという悩みと
  • 肩こりがありこのまま放置していくともっとひどくなってしまうのではないかという不安

ということが考えられますよね。

であればYouTubeの動画を撮る時この2つを考慮して作成する必要があります。

症状ベースではなく悩みベースで考えるというのはこのような意味合いがあります。

あきこさん
確かに悩みが深ければ深いほど、どんな状況でも行きたいですからね
齋藤
そうです。歯が痛くて眠れないのに歯医者に行くのはちょっと我慢しようとはならないですからね・・・

悩みベースで考えるとどのようなことになるのか?

一つの例を出しながらお話をしていきます。

肩こりで悩んでいる。

頭痛も出て毎日ロキソニンを飲んでいる。病院で処方された薬だけども薬をできれば飲まない状態で痛みを改善したい。

という方がいらっしゃるとしましょう。

実際の患者様にこのような方がいればなおイメージがつきやすいと思います。

この方に向けた動画を作成するとどのようになるでしょうか。

ポイントをまとめると

  1. 肩こりで悩んでいる
  2. 頭痛が毎日出ている
  3. 毎日薬で抑えている
  4. 病院でも治らない

こんな感じになります。

であれば単純にタイトルを考えると。

肩こりで頭痛まで出てしまう。薬に頼らず症状を改善する3つの方法とは?

イメージとしてはこんな感じです。

悩みベースで考えた方がタイトルや内容の構築がしやすいと思いませんか?

もしこれを何も考えずに作るとすると。

肩こりに効果的なストレッチ3選

という誰にも響かない動画が完成します。

よく見るパターンです。

このようにしながら症状をベースにするのではなく悩みベースで考えていかなければいけません。

キーワードからその人の悩みを解決してあげることが一番重要

ここまではなんとなくご理解いただけたと思います。

次に考えるべきことは上記の悩みからどのようなキーワードで動画を構築するのかということです。

先ほどの悩みの方が一体どのようなキーワードでYouTubeを検索するのかを考えなければいけません。

考えると言うてもYouTubeの事はYouTubeに聞けばいいです。

視聴者を意識することは大切ですがあくまでも YouTube を見ている状態なので YouTube のことも知らなければいけません。

YouTubeをみている方がどのようなキーワードで検索をするとあなたの動画に辿り着くことができるか?

ということを知る必要があります。

先ほど考えた患者さんを例にYouTube の検索窓であなたが考えた内容を一度検索してください。

ここでは肩こりですね。

するとサジェストと呼ばれる肩こりから始まる内容で多い検索のキーワードが表示されます。

YouTubeサジェスト肩こり

先ほどの事例で考えると肩こり頭痛というキーワードがあります。

ということは肩こりで頭痛を感じている方がとても多く調べているということになります。

もう少し深堀をしていくと肩こり頭痛で検索をもう一度してください。

肩こり頭痛サジェスト

先ほどとはまた違った検索結果が現れました。

この中からあなたが設定した方がどのような内容で検索するかを意識してみます。

この中で当てはまるものといえば 

  1. 肩こり 頭痛 改善
  2. 肩こり 頭痛 解消 
  3. 肩こり 頭痛 ストレッチ

おそらくこの3つのどれかに当てはまると思います。

タイトルを考える時には必ず

決まったキーワードをタイトルの中に含める。

ということをしなければいけません。

先ほどの例で合わせていくと

肩こりで頭痛まで出てしまう。薬に頼らず症状を改善する3つの方法とは?

これが仮に作ったタイトルとなります。

肩こり頭痛まででてしまう。

ここまでは同じなので変えなくてもいいと思います。

ここから先を少し変えていく必要があります。

  1. 薬に頼らず症状を改善する3つの方法とは?
  2. 薬に頼らず症状を解消する3つの方法とは?
  3. 薬に頼らず症状を解消する3つのストレッチ方法とは?

このような形になります。

これが正解というわけではなくて必ずタイトルの中にキーワードを含めるということ。

あきこさん
すごくわかりやすいです!なるほど。こんな風に決めていくんですね。
齋藤
そうです。初めは慣れなくて大変かもしれないですが、慣れると比較的簡単に作る事ができます。

キーワードを考えた上で悩みベースでタイトルを作る

実は本来であればこの作業は逆のことをしていきます。

  1. キーワードを選ぶ
  2. タイトルを考える
  3. 誰に対しての動画かを明確にする
  4. 動画を撮影する

このような手順で作成していきます。

今回は分かりやすくするために 順番を変えましたがキーワードありきで物事は考えるようにしましょう。

これら全て決まってから動画の構成を考える

ここまで来て初めて動画の内容を考えます。

キーワードが決まりタイトルが決定してどのような動画を撮影するのか。

その悩みに対してどのようなことを伝えていけば改善して自分のことを信用してくれるのか。

動画の内容はそれぞれ違うので中身に関しては説明を飛ばします。

このような流れで動画を撮影するからこそ初めてYouTubeから集客ができるようになります。

今回の症例で考えるとストレッチや体操のどれになるかは分かりませんが、頭痛を改善して痛み止めに頼らないための動画を作ります。

するとその動画を見た方は

『この動画は私のために作られたのでは?』

と深く共感をしてくれます。

深く共感をしてくれることによってあなたに診てほしい。

という欲求が生まれ来院に繋がります。

とても面倒に感じるかもしれませんがブログを書くときやホームページを作るときも全く同じことをします。

言い方は悪いですが今インターネットの検索もYouTubeも全てGoogle です。

現時点ではGoogleは基本的にキーワードを中心に行なっているのでこちらがも合わせなければいけません。

今あなたが読んでいる記事は誰のため?

次は今あなたが読んでいる記事を私が誰に向けて書いたのかを説明します。

齋藤
YouTube を今から始めたりもしくは YouTube をしているけども集客ができない。どんどん集客のコストが上がり以前まで集客ができたのに最近はできなくなってしまっている。競合がこれから増えるし今現在のウイルス等のような予期せぬ時に集客が止まってしまうと死活問題になってしまう。どうにかして広告コストを陰ながら無料で集客できる方法はないのか。

これが悩みベース。

そんな方がネットのキーワードで

治療院 集客 YouTube

と模索してる方に対してブログを書いています。

だから私が集客できている方法をそのままお伝えして考え方もこちらに書いているわけです。

このブログを読んだ時にある一定数の方が

『そうかなるほどこの方法したら本当に集客できるかもしれないな』

と思ってもらい行動に移してもらうことが目的です。

そしてもう1つの目的が

『この人の言っていることはすごく面白いな。メルマガがある?30日間でYouTubeが学べる。一度登録をしてみようかな。』

と思ってもらうことです。

治療院で言うと集客に繋げるって事です。

そのために詳しく手順を説明しています。

いやらしい話に聞こえるかもしれませんが情報を無料でお伝えしてその後に自分のことをファンになってもらうということをします。

全てにおいて有益な情報をお伝えすることによってその人のことを信用したり信頼したりしてくれるというわけです。

まぁ私の話はこんな感じです

話が少し脱線したのでブログを最後にまとめると。

  1. YouTube で集客するときにはまずキーワードから選定する
  2. キーワード選定した上でタイトルを作成する
  3. 自分が撮影した動画は誰のために、何の目的で見てどのような悩みを解決したいのか
  4. それを元に解決できる方法を動画で構築する

このような流れで撮影をし配信をしていると確実に集客できる動画が完成します。

一度チャレンジしながら行ってみてください。

あと最後になりましたが私のメールマガジンの登録もよろしくお願いします(笑)

YouTubeから新規集客が止まらない
毎月無料でYouTubeから10名以上の新患がきてしまう裏メソッドを限定公開

YouTubeだけで無料で毎日一人づつ新規患者さんが増えていく方法をメルマガ読者だけに無料でお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳で開業。 独学やセミナーで経営の勉強。 月40万円以上使って広告費を使うがリピートが取れず利益が出ない状態。 休みもなく、家族との時間も作れない期間が2年間も続く 現状打開の為にYouTubeを使う。60本の動画でも全く集客できず。 試行錯誤を加えて月に25名動画で集客をし、全国から患者さんが殺到。 現在はリピート患者さんで予約が埋まる。 全国の視聴患者さんの為、自分のノウハウを全国の治療家に向けてセミナー、コンサルティング実施。