YouTube動画をみて、どれくらいの年齢層の方が来院されるのか?

YouTube 集客をしていると どれぐらいの年齢層の方が来るのか疑問に思いませんか?

 YouTube集客をしているとどの年齢層をターゲットにすればいいか悩んだり、実際にどのような方が来るのかということを聞かれることがあります。

ターゲットが変わると選ぶ媒体も変わります。

 YouTubeで既に集客されている方はおおよその年齢がわかると思いますが、実際に私が見ていてどれぐらいの年齢層の方が来ているかということをお話ししていきます。

YouTubeで集客できる年齢は50歳以上が多い?

戦略や戦術によって年齢層は変わるかもしれませんが私のところでは50代から70代の方が9割を占めます。

逆に言うと若い方や20代や30代の方はほとんど来院されません。(20代は過去に数名位?)

と言うくらい年齢が上の方が多いです。

先日来られた方は80歳。

80歳の方がYouTubeで私の整骨院を見つけて来院される。

凄い事ですよね。昔で考えたら想像もできませんでした。

実際に年配の方にので動画を見てきたのかって言うのを聞くと

年齢を重ねていくと正直文章を読むのはとてもしんどい。

確かに実際に老眼が入ったりすると目もしんどくなります。

動画の方が分かりやすくて見やすいのでどうしても動画に流れていくのです。

というのが実際の声でした。

よく通販番組を見ていると若い方をターゲットにせずに年配の方をターゲットにしているのが物語っています。

これが本来の動画の答えなのかなと私自身は考えています。

地域差はありますが、今後高齢化が進むと自然と今の若い方が年を取ると動画が馴染み普通になる可能性はあります。

動画は若い方が見るイメージがありますが実際に若い方が見てコメントをいただくのは圧倒的に10代や20代の方が多いです。

しかし反対に来院される方は50代以上の方多いです。

もしあなたが年齢層が高い方をターゲットにしているのであれば非常に有効なのですがもしも年齢層低い方を狙っているのであれば戦略を変える必要があります。

年配の方は動画の方が信頼しやすい?

もう一つ年配の方がおっしゃっていた言葉が

文章だとなんとなくどんな人かが分からないけれども。動画だったらその人のことがよくわかるので信頼しやすいです。

ということをおっしゃっていました。

一昔前までは動画というのはテレビの中だけの話でしたが、現在は1人1つのYouTubeチャンネルを持つことができ本当にテレビと同じような情報発信をすることができます。

若い方にとってはあまり動画を配信するということに対して抵抗感がないかもしれませんが、年配の方からすると画面で人が話している。

特に整骨院や世帯の先生が話しているととても信頼感が出るみたいです。

まるで有名人にあったかのような対応をされる方も中にはいらっしゃいます。

ターゲットが若い場合はどうすれはいいの?

例えば学生向けにメニューを作って学生に来てもらいたいのであれば親にみてもらう必要があります。

言い方は非常に悪いですがお金を出してくれるのは親だからです。

どれだけ子供が感動しても新規の集客にはあまりなりません。

と言う事は子供に向けた動画を撮ることも必要ですが、親に向けた動画を撮ったり動画を親と一緒に見てくださいねと言うような一言を伝える必要があります。

子供が親に伝えて一度この人に受けてみたい!

と子供から親へつながると来院する可能性があがります。

子どもに頼まれると親もなんとかしてあげたいと思うからです。

(変に誘導をするのではなく、正しい方法で正しく伝える事をして下さい。煽りすぎは逆効果ですよ)

それがしっかりと伝わることによって親も子供も両方とも動画を見ていただき、来院につながります。

ちなみに私の動画の中では側湾症と分離症は子供が悩まれているパターンが多いです。

動画の中で親と一緒に見てくださいと言う言葉は発していませんが、問い合わせをいただいた時点で親にしっかりと確認をとってもらうようにアドバイスをしています。

親と一緒にきて持って本人にも親にも納得をして頂く必要があるからです。

そうすることによって子供だけが来るだけでなく親も一緒に来るため話がスムーズに進みます。

このようにしっかりとした戦略を組むことによって集客と言うのはできるようになりますので年齢とご自身が狙うターゲットによって戦略を変えるようにしましょう。

親としては大切な我が子にとって一番最適なベストな方法を言われたいですからね。

まとめ

今回はYouTubeを見て俺ぐらいの年齢層の方が来るのかというお話をしていきました。

私の所のターゲットはそもそもが子供ではないので来ない傾向にあるかもしれません。

しかし子供が自分自身で決定権を持つということはやはり難しいので大人と一緒に見てもらうということが大前提となります。

20代の悩みよりも40代50代のほうが年齢を重ねている分悩みが深いというのも正直なところあります。

若い方を狙ってはいけないというわけではなくあなたがどの年齢層に対して適切な動画を配信する必要があります。

これもしっかりとした戦略を立てたうえで情報発信をしていきましょう。

YouTubeから新規集客が止まらない
毎月無料でYouTubeから10名以上の新患がきてしまう裏メソッドを限定公開

YouTubeだけで無料で毎日一人づつ新規患者さんが増えていく方法をメルマガ読者だけに無料でお教えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

28歳で開業。 独学やセミナーで経営の勉強。 月40万円以上使って広告費を使うがリピートが取れず利益が出ない状態。 休みもなく、家族との時間も作れない期間が2年間も続く 現状打開の為にYouTubeを使う。60本の動画でも全く集客できず。 試行錯誤を加えて月に25名動画で集客をし、全国から患者さんが殺到。 現在はリピート患者さんで予約が埋まる。 全国の視聴患者さんの為、自分のノウハウを全国の治療家に向けてセミナー、コンサルティング実施。